7月1日礼拝                    2012年

丹羽昭男師

 

「選ばれた者」

テサロニケ人への手紙 第一 1章4-7節

メッセージ内容 週報より抜粋

[1]選んでくださった方の動機 :4

(1)神に選ばれた者

  選ばれた者も価値は、誰が選んで下さったかによって決まる

  全宇宙の創造主、支配者である神が私たちを選んで下さった

(2)愛による選び

  私たちの内には選ばれるような理由は全くなかった

  では、どうして神はこの私を選ばれたのかー、

  それは「愛」である

 

[2]選ばれた者の証拠 :5

(1)言葉によって

  私たちが神に選ばれたのは、誰かが福音を語ってくれたから

  である

  「キリストを信じるならば救われる」と言う事をきいたから

  である

(2)聖霊の力によって

  福音を聞いたときに聖霊が働いて下さった

  そして、私たちが聞いた福音を信じるように聖霊が導いて

  くださった

(3)私たちの応答によって

  私たちが聖霊の導きに応答して、素直に福音・キリストによる

  救いを信じて受け入れたとき、私たちの内に救いが実現した

 

[3]選ばれた者のしるし :6

(1)苦難

  神に選ばれ、救われ、神の子とされる

  神の子とさてるとき、しるしが伴う

  それは、「苦しみ」である

  神の子として生きる世界と、この世が違うので苦しみがある

(2)よろこび

  苦しむことが神の子としての証拠

  ゆえに、苦しみを喜ぶのである

(3)みことばによって

  苦しみを喜ぶ秘訣は、御言によってである

  聖書の御言こそが、私たちに苦しみの中にあっても喜びを

  もたらす

 

*****************

昼食会

 

メニュー

 鶏もも肉の照り焼き・チンゲン菜の炒め物・オクラの塩茹で

 味噌汁・ぽんかん

鶏もも肉の柔らかいことといったら…、箸ですっーと切れて

筋も脂身もなく、とても食べやすかったです

スッタッフの下ごしらえでの気遣いがうかがえますね

味は、甘醤油が肉にしっかりからんで、白米がどんどんすすむ

美味しさでした!

その味に合わせるように、副菜の炒め物とオクラは、あっさりと

した塩味で、味と共に今回もバランスのとれた献立でしたね 

ごちそうさまでした☆

調理スタッフは、当日の調理以外に

献立づくりから買出し、後片付けまでを担当に振り分け、その責任を担っています

また、

材料を無駄なく使い切るように…、

喜んでいただける味付けになるように…、

 

ゴミ処理や節水などの環境問題に配慮するように…、

などなど、毎回、知恵と工夫を要求されるそうですが、

長年にわたり培った「主婦力」を集結して、それらに適うよう

励んでくださっています

 

 

集会

たんぽぽ会

頭をやわらかくする運動

「なぞなぞ」

2人1組に分かれ、出題された20問の「なぞなぞ」に

挑みました!

出題者の美香師に、

 「真面目に答えちゃダメですよ。

  頭を柔らかくして考えてくださいね!」

と言われても…、頭をかかえて固まる回答者

 「根が正直な者で…」難問題に珍解答で対抗 

爆笑とため息の答え合わせは、最高の8問正解が2組

あとは、・・・・・、あえて発表は控えましょうね

 

Q①,お皿にまんじゅうが5個あった

   犬が1個くわえていった お皿にはいくつある?

Q②,混んだ道で車の運転手が病気になった

   運転手はどうなった?

       (回答は一番下にありますよ)

 

答え

①6個 

 犬が口にくわえて逃げて行った、のではなく、

 犬が加えていったのです

②重体

 混んだ道のことは「渋滞」といいますね

 

    日曜礼拝

午前10:30~11:30

住所/Rua Veriano Pereira 52 Saude S.P CEP 04144-030

(メトロ SAUDE駅そば)

Tel/(11)2275-48124

Email/saudekyoukai@live.jp 

日本語による「聖書」のお話です。聖書に興味のある方、神様をお知りになりたい方、交わりを求めておられる方、

どなたでも大歓迎です!お気軽にお越しください。あなたをお待ちしています!

牧師

 丹羽昭男

副牧師

    丹羽美香

フリーペーパー・まなかに美香師が執筆中!

まなかHPからどうぞ!http://manaca-r.jimdo.com/

教会正面

礼拝の様子

お問い合わせ

フォーム

――――――――

メモ: * は入力必須項目です

サンパウロ新聞

の取材を受けました!

 2013/04/21 

↓こちらからどうぞ

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/13121/cat/105

取材目的についてお尋ねしたところ、「お年をめされた方々が、昔からの信仰を持ち続け、今もなお喜んで教会へ来られている姿、また日本語だけで行われている礼拝は珍しい」とのこと。この特異な環境にある教会が、主の証しをしていることが広く知られることは、ほんとうに嬉しいことです!また、98歳の姉妹が久々にご出席され、その内容にふさわしく豊かな証しがなされ一同喜びにあふれました!