7月7日 礼拝        2013年

丹羽美香師

 

「神の民よ、聞きなさい」

申命記 9:1-5

 

 

9:1イスラエルよ、聞きなさい。あなたは、きょう、ヨルダンを渡って行って、あなたよりも大きく、かつ強い国々を取ろうとしている。その町々は大きく、石がきは天に達している。

9:2その民は、あなたの知っているアナクびとの子孫であって、大きく、また背が高い。あなたはまた『アナクの子孫の前に、だれが立つことができようか』と人の言うのを聞いた。

9:3それゆえ、あなたは、きょう、あなたの神、主は焼きつくす火であって、あなたの前に進まれることを知らなければならない。主は彼らを滅ぼし、彼らをあなたの前に屈伏させられるであろう。主があなたに言われたように、彼らを追い払い、すみやかに滅ぼさなければならない。

9:4あなたの神、主があなたの前から彼らを追い払われた後に、あなたは心のなかで『わたしが正しいから主はわたしをこの地に導き入れてこれを獲させられた』と言ってはならない。この国々の民が悪いから、主はこれをあなたの前から追い払われるのである。
9:5あなたが行ってその地を獲るのは、あなたが正しいからではなく、またあなたの心がまっすぐだからでもない。この国々の民が悪いから、あなたの神、主は彼らをあなたの前から追い払われるのである。これは主があなたの先祖アブラハム、イサク、ヤコブに誓われた言葉を行われるためである。

 

メッセージ内容 ~週報より~

 

[1]聞きなさい :1

1、前途には困難があり、恐るべき敵と出会う

  それ故に、まず神の声を聞きなさい

2、この言葉は、会衆の心を挫くためではなく、前もって警告する

  ことによって、あらかじめ武装し、準備するためであった

 

[2]困難というものを見る方法に2通りある

1、人間の立場から見る

  不信仰の心をもって問題を見る

2、神の立場から見る

  生ける神を信頼して、平安と落ち着きをもってみる

 

[3]モーセが困難にあると明白に語った理由 :2-3

1、試練の時に必ず挫ける自己信頼を彼らから取り去るため

2、信頼する者を決して失望させない生ける神により頼ませるため

「神が私の味方であるなら、誰が私に敵し得ようか」

ローマ8:31

 

[4]勝利の時に注意すべきこと :4 :7

1、その勝利がどこから来たかを、忘れてはならない

2、神の働きを、自分の信仰が成したと自己満足に陥るな

3、神の恵みの働きを感謝しないで、自己を高くしてはいけない

 

[5]結論

1、先に見た如く、彼らが選ばれて宝の民とせられたのも

  彼らに価値があったためではなかった 7:6-8

2、ここで見る如く、勝利を得るのも彼らが義しいためではなく、

  先祖らに示された約束のために他ならない

3、私たちにとっても選ばれ救われたのも、守られ敵に打ち勝つ

  のも唯、へりくだって深きご恩恵を感謝すべきのみである

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    日曜礼拝

午前10:30~11:30

住所/Rua Veriano Pereira 52 Saude S.P CEP 04144-030

(メトロ SAUDE駅そば)

Tel/(11)2275-48124

Email/saudekyoukai@live.jp 

日本語による「聖書」のお話です。聖書に興味のある方、神様をお知りになりたい方、交わりを求めておられる方、

どなたでも大歓迎です!お気軽にお越しください。あなたをお待ちしています!

牧師

 丹羽昭男

副牧師

    丹羽美香

フリーペーパー・まなかに美香師が執筆中!

まなかHPからどうぞ!http://manaca-r.jimdo.com/

教会正面

礼拝の様子

お問い合わせ

フォーム

――――――――

メモ: * は入力必須項目です

サンパウロ新聞

の取材を受けました!

 2013/04/21 

↓こちらからどうぞ

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/13121/cat/105

取材目的についてお尋ねしたところ、「お年をめされた方々が、昔からの信仰を持ち続け、今もなお喜んで教会へ来られている姿、また日本語だけで行われている礼拝は珍しい」とのこと。この特異な環境にある教会が、主の証しをしていることが広く知られることは、ほんとうに嬉しいことです!また、98歳の姉妹が久々にご出席され、その内容にふさわしく豊かな証しがなされ一同喜びにあふれました!