9月29日礼拝             2013年

丹羽昭男師

 

 「弱いときにこそ」

第Ⅱコリント12:1-10

12:1わたしは誇らざるを得ないので、無益ではあろうが、主のまぼろしと啓示とについて語ろう。

12:2わたしはキリストにあるひとりの人を知っている。この人は十四年前に第三の天にまで引き上げられた――それが、からだのままであったか、わたしは知らない。からだを離れてであったか、それも知らない。神がご存じである。

12:3この人が――それが、からだのままであったか、からだを離れてであったか、わたしは知らない。神がご存じである――

12:4パラダイスに引き上げられ、そして口に言い表わせない、人間が語ってはならない言葉を聞いたのを、わたしは知っている。

12:5わたしはこういう人について誇ろう。しかし、わたし自身については、自分の弱さ以外には誇ることをすまい。

12:6もっとも、わたしが誇ろうとすれば、ほんとうの事を言うのだから、愚か者にはならないだろう。しかし、それはさし控えよう。わたしがすぐれた啓示を受けているので、わたしについて見たり聞いたりしている以上に、人に買いかぶられるかも知れないから。

12:7そこで、高慢にならないように、わたしの肉体に一つのとげが与えられた。それは、高慢にならないように、わたしを打つサタンの使なのである。

12:8このことについて、わたしは彼を離れ去らせて下さるようにと、三度も主に祈った。

12:9ところが、主が言われた、「わたしの恵みはあなたに対して十分である。わたしの力は弱いところに完全にあらわれる」。それだから、キリストの力がわたしに宿るように、むしろ、喜んで自分の弱さを誇ろう。

12:10だから、わたしはキリストのためならば、弱さと、侮辱と、危機と、迫害と、行き詰まりとに甘んじよう。なぜなら、わたしが弱い時にこそ、わたしは強いからである。

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 

 

メッセージ ~週報より~

 

[1]霊的にすばらしい経験 :1~6

パウロはクリスチャンとして、伝道者として、聖書学者として、教会建設者として、すばらしい人物であった

その上、彼は此処で地上にありながら天国へ移されるという霊的経験をしている

[2]現実の姿 :7
1、肉体の棘

そのパウロは、現実に戻ると肉体の棘があった

それは、眼病か熱病に罹っていたと言われている

2、働きの邪魔に

その棘は、彼の働きに邪魔であった

[3]祈り :8

彼は、その棘が取り去られるように何度も何度も祈り続けた

そうすれば、もっと主のために奉仕を励むことができるから

 

[4]主の答え :9-10

1、パウロの願いは応えられなかった

    ― それ以上の応えがあった

2、わたしの恵みは十分

    ― パウロには、十分な恵みが与えられていた

そして、その恵みの中に肉体の棘も含まれていた

    ― 肉体の棘が主の恵みであった

3、弱いときにこそ強い

    ― パウロは、肉体の棘が与えられて弱る時、

      もう主に頼る以外にない

      その時、主がパウロに働いて彼を通して御業を

      行ってくださる

      実に彼が最も弱い時に最も強い者とされる

4、高慢にならないように

    ― どんなに良い結果が表れたとしても、それは

      主の御業である事を知っている

      だから、高慢にならない

*** *** *** *** *** *** ***

    日曜礼拝

午前10:30~11:30

住所/Rua Veriano Pereira 52 Saude S.P CEP 04144-030

(メトロ SAUDE駅そば)

Tel/(11)2275-48124

Email/saudekyoukai@live.jp 

日本語による「聖書」のお話です。聖書に興味のある方、神様をお知りになりたい方、交わりを求めておられる方、

どなたでも大歓迎です!お気軽にお越しください。あなたをお待ちしています!

牧師

 丹羽昭男

副牧師

    丹羽美香

フリーペーパー・まなかに美香師が執筆中!

まなかHPからどうぞ!http://manaca-r.jimdo.com/

教会正面

礼拝の様子

お問い合わせ

フォーム

――――――――

メモ: * は入力必須項目です

サンパウロ新聞

の取材を受けました!

 2013/04/21 

↓こちらからどうぞ

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/13121/cat/105

取材目的についてお尋ねしたところ、「お年をめされた方々が、昔からの信仰を持ち続け、今もなお喜んで教会へ来られている姿、また日本語だけで行われている礼拝は珍しい」とのこと。この特異な環境にある教会が、主の証しをしていることが広く知られることは、ほんとうに嬉しいことです!また、98歳の姉妹が久々にご出席され、その内容にふさわしく豊かな証しがなされ一同喜びにあふれました!