10月14日礼拝        2012年

丹羽昭男師

 

「再臨の備え」

テサロニケ人への手紙 第一

4章 1-12節

メッセージ内容~週報より

 

[1]清くなること

(1)清くなること

主イエスの再臨の備えとして私たちは先ず神の御心を知って、

それに生きることである

神の御心は私たちが清くなることである

(2)汚れるな

清くなるためには「汚れてはいけない」

罪や汚れから離れることである

(3)だますな

清く生きるためには、「人をだましてはいけない」

真実を語り、真実に生きよう

(4)清くあり続ける秘訣

キリストの十字架のうちに自分をいつも置いて生きることである

 

[2]愛に生きること

(1)愛 ー キリストの愛をいっぱい受け取ろう

(2)実行 ー 愛は言葉ではなく、実行することである

(3)愛を大きくせよ ー もっと広く、高く、深くしよう

         愛の業は継続して行うことが大切である

 

[3]働くこと

(1)自分の働きをせよ

神が与えてくださっている仕事を忠実にしよう

(2)品位を保つ

小さな仕事、目立たない隠れた仕事を全力でしよう

周りの人々はそれを見てクリスチャンの素晴らしさを知る

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

    日曜礼拝

午前10:30~11:30

住所/Rua Veriano Pereira 52 Saude S.P CEP 04144-030

(メトロ SAUDE駅そば)

Tel/(11)2275-48124

Email/saudekyoukai@live.jp 

日本語による「聖書」のお話です。聖書に興味のある方、神様をお知りになりたい方、交わりを求めておられる方、

どなたでも大歓迎です!お気軽にお越しください。あなたをお待ちしています!

牧師

 丹羽昭男

副牧師

    丹羽美香

フリーペーパー・まなかに美香師が執筆中!

まなかHPからどうぞ!http://manaca-r.jimdo.com/

教会正面

礼拝の様子

お問い合わせ

フォーム

――――――――

メモ: * は入力必須項目です

サンパウロ新聞

の取材を受けました!

 2013/04/21 

↓こちらからどうぞ

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/13121/cat/105

取材目的についてお尋ねしたところ、「お年をめされた方々が、昔からの信仰を持ち続け、今もなお喜んで教会へ来られている姿、また日本語だけで行われている礼拝は珍しい」とのこと。この特異な環境にある教会が、主の証しをしていることが広く知られることは、ほんとうに嬉しいことです!また、98歳の姉妹が久々にご出席され、その内容にふさわしく豊かな証しがなされ一同喜びにあふれました!