6月2日 礼拝                   2013年

丹羽昭男師

 

「働きなさい」

Ⅱテサロニケ人 3章6-16節

3:6兄弟たちよ。主イエス・キリストの名によってあなたがたに命じる。怠惰な生活をして、わたしたちから受けた言伝えに従わないすべての兄弟たちから、遠ざかりなさい。

3:7わたしたちに、どうならうべきであるかは、あなたがた自身が知っているはずである。あなたがたの所にいた時には、わたしたちは怠惰な生活をしなかったし、

3:8人からパンをもらって食べることもしなかった。それどころか、あなたがたのだれにも負担をかけまいと、日夜、労苦し努力して働き続けた。

3:9それは、わたしたちにその権利がないからではなく、ただわたしたちにあなたがたが見習うように、身をもって模範を示したのである。

3:10また、あなたがたの所にいた時に、「働こうとしない者は、食べることもしてはならない」と命じておいた。

3:11ところが、聞くところによると、あなたがたのうちのある者は怠惰な生活を送り、働かないで、ただいたずらに動きまわっているとのことである。

3:12こうした人々に対しては、静かに働いて自分で得たパンを食べるように、主イエス・キリストによって命じまた勧める。3:13兄弟たちよ。あなたがたは、たゆまずに良い働きをしなさい。

3:14もしこの手紙にしるしたわたしたちの言葉に聞き従わない人があれば、そのような人には注意をして、交際しないがよい。彼が自ら恥じるようになるためである。

3:15しかし、彼を敵のように思わないで、兄弟として訓戒しなさい。

3:16どうか、平和の主ご自身が、いついかなる場合にも、あなたがたに平和を与えて下さるように。主があなたがた一同と共におられるように。

*** *** *** *** *** *****

メッセージ内容 ~週報より~

 

 

[1]主イエス・キリストによって

1、兄弟たちよ

  みんな主イエスにあぅっては兄弟姉妹である

2、キリストの名によって

  キリストの御心を知って語る

 

[2]怠惰な生活

1、働かないクリスチャン

 「キリストの再臨は近い。だから、もう働くことはやめ、

 ただ、主よ来たりませと祈っていればよい」とする

2、御言に従わない

 キリストの再臨は近いから、働かなくても良いという言葉は、

 聖書のどこにもない

 それは、御言に従っていないことである

3、いたずらに動くだけ

 そして、他のクリスチャンに対しても、「もう働かなくてよい」

 と勧める

[3]働きなさい

1、パウロの実例

 著者パウロは、誰よりもキリストの再臨が近いことを知っていた

 だから、彼は誰にも負けないように奉仕(伝道)に励んだ

2、静かに働け

 私たちもキリストの再臨が近いゆえ、ますます今、与えられている働き、奉仕伝道を熱心に忠実にすべきである

3、よい働き

 特に良い働き

 愛の業に励みなさい ― 人の役に立つ、人を生かす働きを

 しなさい

▽△▽ ▽△▽  ▽△▽  ▽△▽  ▽△▽

6月のお誕生者! おめでとうございます

70歳代の方々による賛美が

贈られました♪

昼食会

体も心もあったまるカレーでした

「おかわり!」続出に、慌ててご飯を炊き足しました

たんぽぽ会

賛美に証し、指体操、玉入れ合戦などで楽しみました

歌い笑い合って、励まし慰め合って、

満たされた時を分かち合いました

このようなお交わりも大切なひと時ですね

 

子どもたちもお手伝い

今や、お手伝いも楽しい遊びの一貫に

なっています

    日曜礼拝

午前10:30~11:30

住所/Rua Veriano Pereira 52 Saude S.P CEP 04144-030

(メトロ SAUDE駅そば)

Tel/(11)2275-48124

Email/saudekyoukai@live.jp 

日本語による「聖書」のお話です。聖書に興味のある方、神様をお知りになりたい方、交わりを求めておられる方、

どなたでも大歓迎です!お気軽にお越しください。あなたをお待ちしています!

牧師

 丹羽昭男

副牧師

    丹羽美香

フリーペーパー・まなかに美香師が執筆中!

まなかHPからどうぞ!http://manaca-r.jimdo.com/

教会正面

礼拝の様子

お問い合わせ

フォーム

――――――――

メモ: * は入力必須項目です

サンパウロ新聞

の取材を受けました!

 2013/04/21 

↓こちらからどうぞ

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/13121/cat/105

取材目的についてお尋ねしたところ、「お年をめされた方々が、昔からの信仰を持ち続け、今もなお喜んで教会へ来られている姿、また日本語だけで行われている礼拝は珍しい」とのこと。この特異な環境にある教会が、主の証しをしていることが広く知られることは、ほんとうに嬉しいことです!また、98歳の姉妹が久々にご出席され、その内容にふさわしく豊かな証しがなされ一同喜びにあふれました!