3月31日 パスコア礼拝 (復活祭)       2013年

丹羽昭男師

 

「トマス」

ヨハネ 20章24-29節

20:24十二弟子のひとりで、デドモと呼ばれているトマスは、イエスがこられたとき、彼らと一緒にいなかった。 

20:25ほかの弟子たちが、彼に「わたしたちは主にお目にかかった」と言うと、トマスは彼らに言った、「わたしは、その手に釘あとを見、わたしの指をその釘あとにさし入れ、また、わたしの手をそのわきにさし入れてみなければ、決して信じない」。

20:26八日ののち、イエスの弟子たちはまた家の内におり、トマスも一緒にいた。戸はみな閉ざされていたが、イエスがはいってこられ、中に立って「安かれ」と言われた。
20:27それからトマスに言われた、「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手をのばしてわたしのわきにさし入れてみなさい。信じない者にならないで、信じる者になりなさい」。
20:28トマスはイエスに答えて言った、「わが主よ、わが神よ」。
20:29イエスは彼に言われた、「あなたはわたしを見たので信じたのか。見ないで信ずる者は、さいわいである」。
**********************

メッセージ内容 ~週報より~

 

[1]トマス1人に

1、トマス1人に

主イエス・キリストが復活されてその姿を弟子たちに現されたとき、トマスはその場に居なかった

だから、主イエスの復活に出会わなかった

2、教会の交わりを離れるな

私たちもまた、どんな事があっても教会の交わりから

離れてはいけない

大きな恵を失ってしまう

 

[2]トマスの疑問

1、他の弟子だちの証し

トマスは、弟子たちのところに帰っていった

その時、弟子たちが驚くべき事を言った

 「私たちは復活の主イエスに出会った」

2、トマスの言葉

それに対し、トマスは言う

 「私はあなた方の話を信じることはできない」

 

[3]キリストの登場

1、キリストの登場

キリストは、もう一度弟子たちのところに復活の姿を現された

2、トマスの為に

今回は特にトマスの為に、彼の疑いを取り去る為に来られた

3、トマスの告白

― 「わが主よ。わが神よ」

 

[4]主イエス・キリストの大切な言葉

「見ないで信じる者は幸いである。

トマスよ、他の弟子たちの証し(主が復活されたこと)を聞いて、

そのことを信じるならば、もっと幸いである」

********************

 

★洗礼式

礼拝の中で、洗礼式と、受入れ式が

執り行われました

 

★受けれ式

お二人はご夫婦です

おめでとうございます

★聖餐式

その後、聖餐式が行われ、

多くの方が出席されました

***********************

 

連合女性会例会

今年最初の例会が、

サウーデ教会にてもたれました

 

園田アンナ会長

第一部 メッセージ

「本当の幸福とはなんですか」

ルカ11:27-28

ご用者/国広 綾美 師

主から与えられた一時的な関わりである家族と、永遠である主との交わりを、分かりやすく説かれました

そして、家族との在り方や、その家族を主の御手にゆだね祈ることの大切さ、また信仰の土台はなんであるかを、メッセージくださいました

第二部 あかし (各教会より)

遠方よりも多くの方がお越しくださって、大変に祝された例会となりました

第二部のあかしでは、救われた恵や、常に主のお守りと導きがあることなどを、みなさんそれぞれ個性豊かに語ってくださいました

 

このDVDを発売しています

1枚、5レアルです

当教会窓口までお申し込みください

**********************

    日曜礼拝

午前10:30~11:30

住所/Rua Veriano Pereira 52 Saude S.P CEP 04144-030

(メトロ SAUDE駅そば)

Tel/(11)2275-48124

Email/saudekyoukai@live.jp 

日本語による「聖書」のお話です。聖書に興味のある方、神様をお知りになりたい方、交わりを求めておられる方、

どなたでも大歓迎です!お気軽にお越しください。あなたをお待ちしています!

牧師

 丹羽昭男

副牧師

    丹羽美香

フリーペーパー・まなかに美香師が執筆中!

まなかHPからどうぞ!http://manaca-r.jimdo.com/

教会正面

礼拝の様子

お問い合わせ

フォーム

――――――――

メモ: * は入力必須項目です

サンパウロ新聞

の取材を受けました!

 2013/04/21 

↓こちらからどうぞ

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/13121/cat/105

取材目的についてお尋ねしたところ、「お年をめされた方々が、昔からの信仰を持ち続け、今もなお喜んで教会へ来られている姿、また日本語だけで行われている礼拝は珍しい」とのこと。この特異な環境にある教会が、主の証しをしていることが広く知られることは、ほんとうに嬉しいことです!また、98歳の姉妹が久々にご出席され、その内容にふさわしく豊かな証しがなされ一同喜びにあふれました!