6月3日礼拝            2012年

*お詫び

礼拝メッセージは、毎回MP3でご視聴いただけていましたが、

収録の際の都合により、これより先のメッセージは、しばらくお休みさせていただきます

今後、ご視聴可能となりましたらお知らせいたします

祈りつつご期待ください

なお、今まで収録済みのメッセージは問題なくご視聴できますので

引き続きご利用ください!

また、CD販売もそれにともない中止となってしまいますが、

DVDは、これまで通り販売しています

どうぞ、担当者またはEメールにてお問い合わせください

*************

丹羽昭男師

 

「エパフラス」

コロサイ人への手紙4章12-13節

メッセージ内容 週報より

[1]コロサイ教会の一員

エパフラスは、コロサイ教会の会員であった

その彼が、献身して主の奉仕のために励む者となった

コロサイ教会の一人ひとりも彼のことをよく知っていたし、彼自身もこの教会の一人ひとりをよく知っていた

 

[2]キリストのしもべ

そして彼は、「キリストのしもべ」であった

キリストの命令があれば、どんな難しいことであっても、すぐに喜んで従った

 

[3]祈りにおける交わり

(1)祈りの姿勢

①いつも祈る

エパフラスは、母教会の為にいつも祈っていた

コロサイ教会が恵まれ成長している背後にエパフラスのとりなしの祈りがあった

②熱心に祈る

エパフラスは、熱心に真剣に力いっぱい祈り続けた

(2)祈りの内容

①全き人となるように

コロサイ教会の一人ひとりが、全き人、成長したクリスチャンになるように

②神の御旨に立つように

自分たちの計画ではなく、神のご計画を知って、それに従うように

 

[4]パウロの証書

①隠れた祈り

エパフラスは、自分が祈っていることが教会員一人ひとりに知られたくなかった

②明らかになった祈り

しかし、彼の隠れた祈りはパウロによって、コロサイ教会に知らされた

*********************

昼食会

メニュー

 豚汁

 イワシの酢漬け

 サラダ・漬物

 コーヒーゼリー・羊羹

具だくさん、味噌風味の栄養満点

豚汁!

一杯でも大満足できる一品でした!

イワシの酢漬けは 信徒の方の差し入れで

美香師が味付けをされました!

柔らかい身は生魚の臭みが一切無く、

子供までが先を争い食べていました

担当スタッフは、毎月の献立に頭を悩ますそうですが、季節の食材をたっぷり取り入れ、身体にやさしい日本食をご提供しつつ、季節に合った料理で四季も味わっていただけるよう工夫しています

・・・・・・・・・・・・・・・・

集会

たんぽぽ会

 ・霊的神経過敏症について

 ・ビンゴゲーム

「霊的神経過敏症について」

その症状や、その原因、またはそれに陥らないためにはどうしたら良いかを、美香師から具体的に学びました

「ビンゴゲーム」

1~15までの数字を、マス目の中に思うままに書き込み、

ゲームスタート!

美香師の出す問題に答えながら、該当する数字を消していき、

一列そろったらビンゴ!

第二回戦は、20~35までの数字で行いました

問題:左足の小指は何本?…「2」本

   12人の子どもの瞳は全部でいくつ?…「24」

美香師オリジナルの問題が会場を沸かせつつ、子どもも交ざって

大いに楽しみました♪

    日曜礼拝

午前10:30~11:30

住所/Rua Veriano Pereira 52 Saude S.P CEP 04144-030

(メトロ SAUDE駅そば)

Tel/(11)2275-48124

Email/saudekyoukai@live.jp 

日本語による「聖書」のお話です。聖書に興味のある方、神様をお知りになりたい方、交わりを求めておられる方、

どなたでも大歓迎です!お気軽にお越しください。あなたをお待ちしています!

牧師

 丹羽昭男

副牧師

    丹羽美香

フリーペーパー・まなかに美香師が執筆中!

まなかHPからどうぞ!http://manaca-r.jimdo.com/

教会正面

礼拝の様子

お問い合わせ

フォーム

――――――――

メモ: * は入力必須項目です

サンパウロ新聞

の取材を受けました!

 2013/04/21 

↓こちらからどうぞ

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/13121/cat/105

取材目的についてお尋ねしたところ、「お年をめされた方々が、昔からの信仰を持ち続け、今もなお喜んで教会へ来られている姿、また日本語だけで行われている礼拝は珍しい」とのこと。この特異な環境にある教会が、主の証しをしていることが広く知られることは、ほんとうに嬉しいことです!また、98歳の姉妹が久々にご出席され、その内容にふさわしく豊かな証しがなされ一同喜びにあふれました!