礼拝メッセージ

「クリスチャンと迫害」

Ⅱテモテ3:10-13

丹羽昭男牧師 2015/08/02


クリスチャンになれば人生はバラ色?
いいえ、かえって問題にぶつかることが増えるかもしれません。しかし、そこには神様の導きを実体験できるかけがえのないチャンスと、日頃、私たちがどれだけ恵まれ愛され神様の祝福を受けているのかを知り、さらに受け取るための大事な通過点なのです。                   

                               
▲▽▲ ▲▽▲ ▲▽▲ ▲▽▲ ▲▽▲ ▲▽▲ ▲▽▲
◉メッセージ要旨◉
1.信仰のテストを受ける...
2.みことば(聖書)通りに生き、みことばを語ろう
3.クリスチャンと迫害
4.人を惹きつける者となる

◉聖書箇所◉

10.しかしあなたは、わたしの教え、行動、意図、信仰、寛容、愛、忍耐に倣い、

11.アンティオキア、イコニオン、リストラでわたしにふりかかったような迫害と苦難をもいといませんでした。そのような迫害にわたしは耐えました。そして、主がそのすべてからわたしを救い出してくださったのです。

12.キリスト・イエスに結ばれて信心深く生きようとする人は皆、迫害を受けます。

13.悪人や詐欺師は、惑わし惑わされながら、ますます悪くなっていきます。

    日曜礼拝

午前10:30~11:30

住所/Rua Veriano Pereira 52 Saude S.P CEP 04144-030

(メトロ SAUDE駅そば)

Tel/(11)2275-48124

Email/saudekyoukai@live.jp 

日本語による「聖書」のお話です。聖書に興味のある方、神様をお知りになりたい方、交わりを求めておられる方、

どなたでも大歓迎です!お気軽にお越しください。あなたをお待ちしています!

牧師

 丹羽昭男

副牧師

    丹羽美香

フリーペーパー・まなかに美香師が執筆中!

まなかHPからどうぞ!http://manaca-r.jimdo.com/

教会正面

礼拝の様子

お問い合わせ

フォーム

――――――――

メモ: * は入力必須項目です

サンパウロ新聞

の取材を受けました!

 2013/04/21 

↓こちらからどうぞ

http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/13121/cat/105

取材目的についてお尋ねしたところ、「お年をめされた方々が、昔からの信仰を持ち続け、今もなお喜んで教会へ来られている姿、また日本語だけで行われている礼拝は珍しい」とのこと。この特異な環境にある教会が、主の証しをしていることが広く知られることは、ほんとうに嬉しいことです!また、98歳の姉妹が久々にご出席され、その内容にふさわしく豊かな証しがなされ一同喜びにあふれました!